写真を構成する3つの要素。絞り、シャッタースピード、ISO

LINEで送る
Pocket

写真を構成する3つの要素を解説します。

写真撮影における基本的操作に以下の物があります。

  • 絞り
  • シャッタースピード
  • ISO

大まかにいってこれら3つを抑える事でたいていの写真を撮影できるようになります。まず、露出を調整する事を考えてください。絞りを大きくすれば暗くなり、開けば明るくなります。シャッタースピードを上げれば暗くなり、遅くすれば明るくなります。そしてISOで感度を上げれば明るくなります。

  • 【絞り大】暗い/被写界深度大  ←→  明るい/被写界深度小【絞り小】
  • 【シャッタースピード早い】暗い/ブレない  ←→  明るい/ブレる【シャッタースピード遅い】
  • 【ISO小】暗い/ノイズ小  ←→  明るい/ノイズ大【ISO大】

これが分かれば撮りたい条件によってどのような設定にすればよいかが分かってくるわけです。

人にピントを当て、背景をぼかしたい場合なら被写界深度を小さくする必要があるため、絞りを開放します。開放すれば明るすぎるためシャッタースピードを落として露出を調整し狙った露出で背景をぼかした写真を取ることができます。

球技などの躍動感を出したい場合は瞬間ではなく、モーションの時間軸をぼかしとして捉える必要がある場合があります。その場合シャッタースピードを少し遅めにして、オーバーする露出を絞って調整したりします。

夜景などを撮影する場合は、シャッタースピードを極端に遅くしてたくさんの光を集める必要があるかもしれません。それでも暗い場合はISOを上げて露出を適正にします。

このように「絞り」、「シャッタースピード」、「ISO」の関係が分かっていれば状況に合わせて好みの写真を取る事ができるようになります。


露出

露出とは写真の明るさと考えてください。人間の目で見たときに適度に明るい状態を「適正露出」と言います。明るすぎる写真はオーバー。暗すぎる写真はアンダーなどと表現します。


絞り

絞りとはレンズの光を取り込む穴の口径を調整する事です。開く←→絞る。などと表現します。絞ると暗い写真。開くと明るい写真になります。また被写界深度も変わってくるため、開いた状態では背景をぼかした写真を撮ることができます。


シャッタースピード

シャッタースピードはシャッターを開けておく時間の調整です。長時間開けておけばたくさんの光を取り込めますが、手ぶれや被写体の動きでブレがでやすくなります。


ISO

ISOはCMOSセンサーの感度です。ISOを上げれば感度が高くなり暗い場所でも明るく撮影できるようになります。但し感度を上げすぎるとノイズの元となります。

「いいね」ご協力お願い致します!

LINEで送る
Pocket