彩度を調整して彩りを豊かに

LINEで送る
Pocket

彩度

彩度とは、彩りを調整するパラメータで、今のカメラであれば撮影時に調整する事ができる。
カメラを見るといろいろなモードを選択できるようになっていると思う。モードを選択すると、カメラのほうで自動的に彩度や光度、コントラストを調整してシチュエーションにあったセッティングを内部的に行ってくれている。
但し、場合によっては「こんなはずでは」という結果になってしまい、しかも撮影時に調整していると後に戻す事ができないため、撮影時にはナチュラルな色彩で撮り、事後に加工するのが良いと思う


なおRAWモードで撮影すれば事後にどのような状態にも加工できる。

彩度を調整して美しい彩りを表現

以下の二つの写真はある元写真と彩度を調整した物です。左の写真が元の写真で、右の写真は彩度を高くし彩りを豊かにしています。右の方が手の血行が良く健康的に見えます。またネイルの美しさが際立って見えます。

彩度を調整して彩りを豊かに
彩度を調整して彩りを豊かに

画像加工の手順

オリジナル画像

オリジナル画像。手が白っぽく爪の赤さをもう少し強調したい。

オリジナル写真
オリジナル写真

彩度を大きく上げる

まず彩度を一気にあげて赤さを強調。

まず彩度をあげる
まず彩度をあげる

全体を調整して仕上げ

先ほどの画像だとビビッドすぎて目が痛い感じなので、少しコントラストを落として、明るさも抑えめにして仕上げる。

コントラストと明るさを押さえて仕上げ
コントラストと明るさを押さえて仕上げ

「いいね」ご協力お願い致します!

LINEで送る
Pocket