Rawモードで後から調整

Rawデータで撮影して後から自由に調整しよう!

LINEで送る
Pocket

今回はRawデータとして保存した物を写真に加工するメリットを紹介します。始めからJpegで出力した場合にはできない多様な編集の自由度があります。

Rawデータとは

Rawデータとは直訳すれば「生のデータ」と言う事になる。

jpegデータとは

Rawデータの説明の前にまずjpeg画像について補足しておく。jpegは実は圧縮されており本来持っていた情報の多くが削り取られた状態なのである。jpg画像は画像そのものであり、加工しようとすれば必ず画質の劣化を伴ってしまう。かつ全ての加工修正は不可逆であり修正を加えれば加える程劣化が進む事になる。
jpeg画像は焼きこんだ後の陶器のようにスタティックに存在する物なのである。

Rawデータとは

一方Rawデータは人間の目に見えない光の情報まで保持しており、現実世界からCMOSセンサーが受け取った情報をそのままに保持した形式で保存されたデータである。ただし、Rawデータモードでの撮影はjpegモードに比べ3倍以上のファイルサイズとなり、著しくメモリ容量を使う。Rawデータの特徴は可逆的に露出を変えたり、色合いや彩度、コントラストや影の調整が自由に行える事にある。それでいて画質の劣化は基本的にない。(見た目上ノイズが目立つ様な設定はあり得るが)

よく撮影するときに「撮影モード」などを選択してその場に会った設定で写真を撮ったりしているだろう。実はRawデータで撮影しておけばそんな事をしなくても後から可逆的に撮影モードの変更を行う事ができてしまうというわけ。
Rawデータは焼く前の陶器の様に轆轤(ろくろ)に乗せればいつでもその姿を変えられる自由度を保っている。
本気でいい写真を撮りたかったら全ての写真をRawモードで撮っておくのが良いだろう。

撮影後に自分好みの写真に調整しよう

まずはこちらの写真を見てみよう。全体的に赤みがかっていて露出も低いため暗い写真になっている。またシャッタースピードも遅めのため少しぼやけた感じで印象が悪い。

デフォルト設定。全体的に赤みがかっていて露出も低い。
デフォルト設定。全体的に赤みがかっていて露出も低い。

まず、ホワイトバランスの調整のために「白熱電球」モードに変更する。するとカメラに内蔵された白熱電球モードの設定が自動的に色調を補正し赤みが抜ける。このモードは白熱電球が赤いためカメラが赤みを減らす方向に色調を調整しているもので、撮影時に指定することもできるが、Rawデータの良いところは、この様な調整を実際に画面を見ながら後から行えることにある。

まだ少し赤みがかっているので「色合い」を2メモリ程右に移動(黄色に近づける)してみる。この辺りでだいたい自然な顔色に調整ができた。ぼやけた輪郭をはっきりさせるために「シャープネス」も強調して、さらに露出を上げるために「明るさ」設定もレベルを上げておこう。
これで完成。こんな感じ。

色合い、ホワイトバランス、露出を調整してより自然な写真に
色合い、ホワイトバランス、露出を調整してより自然な写真に

気をつけるのは、何事もやりすぎるのは良くない。各種設定は微調整に留めるのが良いだろう。
いかに自然に見せるかがポイントだ。
くどいようだが、Rawデータの良いところはこれらの調整後もいつでもはじめのオリジナルに戻したり、さらに調整を細かく行ったりをいつでもでき、それでいて劣化が無いことだ。撮影をする瞬間は一瞬を見逃せない場合が多く撮影時に予め最善の設定をおこなっておく等ということは基本的にできないので、撮影枚数を多くする事よりも綺麗な写真を残す事を優先したい場合は常にRawデータモードで撮影するように心がけよう。

「いいね」ご協力お願い致します!

LINEで送る
Pocket